ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

中国チベット自治区の都・ラサは、チベット仏教最高峰の地です。そして、チベット仏教の最高位にあった歴代ダライ・ラマが、政治的・宗教的な場所として使用した「ラサのポタラ宮」は、1994年に世界遺産に登録されました。また2000年には、同じくラサにある「ジョカン寺」、2001年にはダライ・ラマの夏の離宮として利用された「ノルブリンカ」が追加登録され、現在ではこれらの建築物がまとめられて、「ラサのポタラ宮と歴史的遺跡群」として世界遺産に登録されています。

チベット仏教は、7世紀にチベットを統治したソンツェン・ガンポ王が中国から妃・文成公主を迎えたことから始まりました。仏教国・中国から来た文成公主によって王が仏教に帰依するようになり、やがてラサのマルポリの丘に仏教にゆかりのある冬の宮殿を建立します。これが、ポタラ宮の元となった宮殿です。その後17世紀になり、ダライ・ラマ5世が、7世紀建立の宮殿の跡地を大幅に拡張・改修し、ポタラ宮が誕生しました。

その宮殿がそびえる場所は41万m2という広大な敷地で、宮殿も高さ117m、地上13階建で、部屋数が2,000にものぼるという、世界最大級の宮殿になりました。ダライ・ラマ5世以降14世までが、ポタラ宮を拠点にしてチベットを統治し、またチベット仏教の指導者として君臨しました。ダライ・ラマ14世は、1959年までポタラ宮を拠点にしていましたが、その後中国の政変によりインドに亡命、それ以降、ポタラ宮は主のいない宮殿として、その全てを残すことになりました。ポタラ宮は、「白宮」と「紅宮」に分かれ、白宮は白い壁で、紅宮は赤い壁で覆われています。

「白宮」は、ダライ・ラマが政治を行う場所として利用され、様々な式典やダライ・ラマへの謁見などが行われた場所です。一方、「紅宮」は宗教的領域で、ダライ・ラマが祈祷をする場所として利用されました。「ポタラ宮」は、統治者として、また宗教上のリーダーとしてのダライ・ラマが、実権の全てを行使した場所なのです。

一方、歴代ダライ・ラマが避暑地として利用した宮殿があるのが、「ノルブリンカ」です。ここは、1755年当時のダライ・ラマが建立した宮殿で、ダライ・ラマ14世はこの地に「タクテン・ポタン」という自身の宮殿を建立しました。この宮殿は、ダライ・ラマ14世がインドに亡命するまでの、最後の時間を過ごした場所として知られています。現在はノルブリンカの敷地全体が公園になっており、タクテン・ポタンには、ダライ・ラマ14世の調度品も残されています。

「ジョカン寺」は、ガンポ王の妃・文成公主が7世紀に建立した仏教寺院です。この地には、現在でも仏教巡礼者が次々に訪れ、祈りを捧げています。ジョカン寺は、聖地として崇められるだけでなく、漢・チベット・ネパール・インドなどの建築様式を融合させた外観や、1kmに渡る美しい壁画が有名で、その芸術性が高く評価され、世界遺産に追加登録された物件です。

「ラサのポタラ宮と歴史的遺跡群」は、チベットの人々が築いた歴史、またチベット仏教史の全てが詰まった場所です。とても神秘的で、チベット仏教に関心がある人もない人も、誰もが惹きつけられる魅力を持った場所といえます。